FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

"Doctor WHO"失われたエピソードと往年の名画の奇妙な関係


  • このBGMの転用なのかも。或いは資料が残っていないだけで"WEB OF THE FEAR"のスコアも担当した可能性も否定できない。伊福部昭の「地球防衛軍」と「わんぱく王子の大蛇退治」と酷似した、そして更にスケールの大きい話に発展してしまった。 posted at 10:21:15

  • なので、どうしても見つからないBGMを適当に当て込んだのがたまたま、「オリエント急行」なのではないかと・・・でも、「オリエント急行」の音楽を担当したリチャード・ロドニー・ベネットは、"Doctor WHO"にも楽曲を提供している事が解った!1964年放映の"The Aztecs" posted at 10:18:07

  • 調べたら「オリエント急行」の公開が1974年、"The Web of Fear"の放映が1968年だった。思うに、"The Web of Fear"は散逸してソフト化不可能なエピソードの一つであり、最近リリースされたドラマCDは、ラジオドラマ版等々を繋ぎ合わせて復元したもの。 posted at 10:11:19

  • 通勤途中、"Dr.WHO"のドラマCD"The Web of Fear"を聴いていた。話は当然さっぱり解らないが、「オリエント急行殺人事件」のBGMの転用としか思えない曲があった。 posted at 10:08:48



【“"Doctor WHO"失われたエピソードと往年の名画の奇妙な関係”の続きを読む】
スポンサーサイト



「ドクター・フー」シーズン・3 放送日決定

LaLa-TVサイトで、「ドクター・フー」第3シリーズの放映日が告知されました。

危ぶまれていた"Runaway Bride"(第2シリーズラストから繋がるクリスマススペシャル)からの放映です。
12/14をお忘れなく。

http://lala.tv/pickup.html#t05

"DOCTOR WHO" ドクター・フー クラシックシリーズ "THE SEEDS OF DOOM"

ちょっと時間が出来たので、こないだ観たDVD"DOCTOR WHO THE SEEDS OF DOOM"の呟きのまとめを上げておきます。

本作は通算86話目、4代目ドクタートム・ベイカーのシリーズで、サラ=ジェーン・スミス(エリザベス・スレイドン)がコンパニオンを務める最後のシリーズに当たります。イギリスでの放映は1976年。その年日本では、ピンクレディーがデビューと同時に大ブレイク、「およげたいやきくん」の大ヒット、「犬神家の一族」が公開され角川商法のおかげで空前の「横溝正史ブーム」が到来していた時期でもあります。実写特撮番組では「宇宙鉄人キョーダイン」「超神ビビューン」「円盤戦争バンキッド」が放映と黄昏れていた時期ですね。(^ω^;)サンライズ+円谷プロのアニメ実写合成番組「恐竜探検隊ボーンフリー」もこの年の放映でした。

因みに、この度の東日本大震災(本日、関東東北大震災より正式に改称)の影響で公開が延期になった、中国産ディザスタ大作「唐山大地震」が実際に起こったのが1976年なんですな。凄いシンクロニシティ。

というわけで、被災地の一早い復興と東日本の平常化を祈りつつ(と打ってる傍から揺れてるよ@品川区)、今回はツィートに若干の補足を入れつつ、掲載したいと思います。


【“"DOCTOR WHO" ドクター・フー クラシックシリーズ "THE SEEDS OF DOOM"”の続きを読む】

場外乱闘!ドクターVSドナ

たまたまYouTubeで発見した動画。"The Big One"というタイトルらしいBBC製作のコメディ番組とおぼしきもののショートスケッチ。

要は、10代目ドクター、デビッド・テナントと第4シリーズのヒロインのドナことキャサリン・テイトが共演しているだけなんだけどね・・・しかしキャサリン・テイトはJK(偏差値低目)が上手いなぁ。"!The Catherine Tate Show"でも全く同じキャラを持ちネタにしてたが。

新任の国語教師テナント(スコットランド生まれ)に、クソ生意気な女子高生ドナが、「センセ~、なんで英国人のアタシがスコットランド語習わなきゃいけないんですかぁ?」と噛みつくところから始まる、地方の訛りをネタにしたギャグ。文化の深部に触れる上に英文字幕も無いのでかなり解り辛い。けど、オチは期待通りの首題の件なので、「ドクター・フー」のファンはそれなりに楽しいかと。



Doctor WHO ドクター・フー第4シリーズ #7 "The Unicorn and the Wasp"

なかなかPCに向かって文章かく時間が無い。試みに、DVD観ながらつぶやいたツイッターのまとめを上げてみる。

ライブ感はあるかもだが(ニコ動のコメント程度には)、データ性には乏しいなぁ。

若干補足しておくと、第4シリーズのパートナー、ドナ・ノーブル(キャサリン・テイト)の初登場は、第2シリーズのラストシーン。本国放映時に製作の決まっていた2006年クリスマススペシャル"The Runaway Bride"のティザーというかアバンタイトルと言うか、チラっとだが重要なシーンであった。

このシーンは日本放映時にもカットされる事なく収録され、その際にドナの吹き替えをキャスティングされていたのが雨蘭咲木子姉さんだったのだ。

以前にも触れたが、キャサリン・テイトは、"The Catherine Tate Show"というコメディ番組のレギュラーを持っており、2006年はその第3シリーズが放映いる。これはNational Television Awardsのコメディ部門で賞を取っていたりして。つまり、キャサリン・テイトは実力派のコメディエンヌであるのよ。

そういうわけで、ドナ=雨蘭咲木子のキャスティングはキャラのイメージ的合致は勿論、吹き替え声優の力量と言う意味でも、日本声優界屈指のコメディエンヌにしてセクシーボイスの持ち主の当番は必然とも言えると思う。

お願いしますよ、La-La TVさん。
【“Doctor WHO ドクター・フー第4シリーズ #7 "The Unicorn and the Wasp"”の続きを読む】