FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

300 スリーハンドレッド

「300 スリーハンドレッド」

露骨な湾岸戦争肯定な枠組みは、お色気ゲイムービーという本来的趣旨を隠蔽するには至らなかったな。中途半端感も味わいかもだの、美学と言う名の悪趣味

言い尽くせた。神秘主義と独裁制でヨーロッパの自由を侵すアジア人を叩き潰せ!!!と、言わでもがななセリフをレオニダス王(ジェラルド・バトラー)が連呼しているわけだが、そういうプロパガンダ臭いセリフは、原作者フランク・ミラーの意図したであろうハードゲイ・ファンタジーという本質を隠蔽するには至らなかったようで。

良くも悪くも映像美が全てな本作、神を標榜するペルシャのクセルクセス大王(ロドリゴ・サントロ)が登場した段階で、古代を舞台に繰り広げられるハードゲイVSドラッグクイーンという、一般社会人には実にどーでもイイ確執の構図が本来のテーマである事が露呈してしまう。

「ホットゲートの死守」とかあからさま過ぎるだろうよ、掘るか掘られるかのホモバトルの隠喩として。

それにあの全身ピアスのカマっぽさは、思わず噴出してしまったよ。<クセルクセス大王

まぁ俺は"BUILT FOR THE KILL"(ナショナルジオグラフィックスチャンネルで放映している、「捕食」をテーマにした生き物ドキュメント番組)を観ているような塩梅で楽しめた訳だが(w

全般絵画的な構図の映像美探求型の映画ではあるものの、所詮はデジタル画像。美学という名の悪趣味でしかない。筋肉ファシズムな画像からは汗臭さは微塵も感じられない(ある意味、有難いが)。同時に、血生臭さも痛み共感度も皆無で、ホント、"BUILT FOR THE KILL"観ているみたい。虫の殺し合い以上の興味も感動も湧かないのである。

「絵画的」というおも、俺にはエル・グレコのヌメーっとしたタッチに似たものを感じ取ってしまい、趣味ではないのだ。

また、ザック・スナイダー監督ということで「鬼武者」とか「戦国BASARA」的バカバカしいダイナミズムを期待していたんだが、これはいい意味で裏切られたかも。「スパルタの強さは密集隊形にあり」というところを徹底していて、古代戦闘における合理性というリアリティは外していなかったような気が。あんまり戦史に詳しいわけではないが、ペルシャ軍との初戦は、見ごたえがあったよ。

筋肉大好きなヒトや、グレコ的なヌメーっとした絵が好きなヒトには堪ラン映画なんだろうね。
スポンサーサイト



リーグ・オブ・ジェントルマン 奇人同盟 1st series Vol.1

「リーグ・オブ・ジェントルマン 奇人同盟 First series Vol.1」

初期筒井康隆臭ただよう、神経を紙やすりでしごかれるような笑いと恐怖。
リーグ・オブ・ジェントルマン1
奇人同盟! first series vol.1


「モンティ・パイソン調のナンセンスをホラー風味に味付け」と判で突いたように言われてるが、そうかぁ?という印象。確かにメンバーはパイソンをリスペクトしていることを公言しているものの、あそこまで突き抜けてはいない。ちゅうか、パイソン的すぎるとホラー味の意味が全くなくなるんだよなぁ。

ギャグもホラーも良く判っている、つまり「笑いと恐怖は紙一重」という真理を把握しているヒトたちがつくった、「お笑い」寄りのホラードラマと俺は観たのだが、如何だろうか?

そのホラー風味もパロディーをやろうとしているのではなく、リスペク作品(これがまた、「ウィッカーマン」とか「赤い影」とか「シャイニング」とか、ホント、良く判ってらっしゃるのよ!)の要素を十分に理解した上で自分たちの土俵に持ってっているので、正直、怖すぎて笑えないネタが結構ある。

そういう意味では斬新かつ注目すべき傑作であると思うが。。。。かなり心が磨り減るぞ、これは。まだシーズン1の上巻しか観ていないが、二時間近く「乗越し駅の刑罰」調のアレやられると、かなりヘビー。

そんな中で障壁要因なく爆笑できるのは「藪の獣医」というネタ。動物虐待ネタやらせたらイギリス人の右に出るものはいないな。ネタの断続性も、パイソンライクだし。

一方で、こういう笑いが成り立つ程に、動物愛護ちゅうか人とペットの関わり方が大人の付き合いになっている国民性というのが読み取れて、興味深くもある。そういう事が汲み取れない理解力のヒトには、耐え難いギャグなんだろうけどね、一連の犬ネタとかイギリスガメラとか。