FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

たたり(1963年 ロバート・ワイズ監督)

そういえば原作は、スティーブン・キングが絶賛していたなぁ。温故知新、拾い物の一品。


原作はシャーリー・ジャクスン『山荘奇譚』。ヤン・デ・ボンが『ホーンティング』としてイメイクしたが、これはロバート・ワイズ監督のオリジナルの方。昔の映画のつくりなので平坦な画面構成ながらも、あまりダレる事無く物語が進む。クライマックスの展開の迫力とスピーディーさは正直意外。技術的な理由もあるのだろうが、実に抑えた、ともすれば地味とも捕らえかねない画面構成ながら、思わず見入らせる演出はなかなかのもの。ちょっと捻ったオチも当時としては絶賛されるわけだ。







たたり


あ、ヤン・デ・ボンのリメイク『ホーンティング』は全くダメダメな出来の映画であったことが良く分かった。プロデューサーサイドのオーダーかもしれないが、あのオチはいただけませんな。結果は同じでも意味合いがね、全く異なるイモ演出であった。


んで気がついたのは、『ヘルハウス』はタイトルがこの映画のパロディになっているのね。原作者のマシスンがオマージュを捧げているのかもだ。『たたり』の劇中、舞台となる幽霊屋敷は"Hill House"と呼ばれているのであった。


気がついたこと、その2。原作をキングが絶賛しており、『シャイニング』は実にキングらしく影響を受けているということも分かったが、キューブリックが『シャイニング』を映画化する際、『たたり』からイメージを膨らませていった節が見受けられる。


『シャイニング』の舞台となるOverlook HotelとHill Houseの共通する点、それは、原因は不明だが何か不浄な、祟られているとしか言いようのない場所に建てられた建造物が、住人を求めるが如く狙い定めて来訪者を取り殺していくという点である。たたりの源が何であるかは全く明示されない。怪現象を引き起こすのは、過去にそこで取り殺された人間の怨霊の仕業である事は明確にされているが、なぜ、彼らは取り殺されたのか、何者の意思なのかは全く分からないのだ。このあたりが、本作も『シャイニング』もホラー映画として大変に洗練されている所以である。




そして、原因は分からないまま、が故にそれが正しい認識なのか否かも曖昧なのだが、「たたり」のターゲットとなる人物は建物の意思であると解釈するのである。ターゲットとなる人物は日常生活での不安や心の疲弊を抱え、そこを突かれて取り込まれていくという点も、共通している。


キングは自著『シャイニング』で、Overlook Hotelはネイティブアメリカンの墓地に建てられ、先住民の怨霊に支配されたホテルそのものが怪物と、明示して描いていた。(表現やプロットは別として)定法どおりだが、凡庸なアイデアと言わざるを得ない。翻ってキューブリックの映画は、先述来の仮説が正しければ、キングにしてみれば本歌取りをされたようなものなわけだ。つまり、キューブリックに映画を通じて、自作品のツメの甘さを指摘された事になる。キングがキューブリックの『シャイニング』を気に入っていない理由は、過去のインタビュー等で語っている子供っぽい理由の底に、こういう事があったのかもしれない。


こういう事にまで思いを馳せられるところが、古典的名作の力強さなのである。

スポンサーサイト



コメント

それはそれは

お役に立てて嬉しいです。
人様のサイトは良く活用しますが、自分の記事が役に立つのは珍しい(W

このブログのおかげで、30数年ぶりに「たたり」と再会できました。感謝!

元ネタとするには、接点が少なすぎ。
不気味ホテルしかあっていない(W

イーグルスの方は、ラリって田舎のホテルにとまったら、純粋で朴訥な歓待があぁ見えましたって感じですね。

「シャイニング」の元ネタはイーグルスの「ホテル・カルフォルニア」だと思うが如何か。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: