FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

「007 慰めの報酬」

新生ボンド、リニューアル完了!
複雑なプロットは「ロシアより愛を込めて」を凌駕するが、一見さんにはちょっとキビシいかもだ(^ω^;)の「ジックリ見せる」アクション巨編!

@新宿ピカデリー。

ラスボスとボンドガール以外は、前作「カジノロワイヤル」から引き続き。冒頭の激しいカーチェイスがすでにして、前作ラストからダイレクトに続いていると言う構成も、一見さんには不親切かもだ。



んでもって、MI6が察知していない、未知の組織の存在を匂わせるまでで5分ちょっとか。

強大な、だが芝居がかった(「トスカ」上演中の巨大劇場で散り散りに観客を装って観劇しながらの、幹部ミーティングのシーンはちょっと感動したぞ(`・ω・´)謎の組織は、ボンドを四面楚歌の状況に追い込んで行く。

今回の敵は当然、その謎の組織の一員なのだが、最後に至っても組織の名称すら観客には明かされない。

きっと次回はスペクター(或いはもっと「悪について」洗練された新組織)が台頭するのだろうが、この匂わせ方が、あからさまだが粋(・∀・)

特殊装備がほぼ無かったりするのも、「ワールド オブ ライズ」とかがスタンダードになりつつあるスパイアクションのトレンド(あるのか、ンなもの?)を押さえたリアル嗜好。

だが、追撃シーンで、一般人がとばっちりで殺されるシーンは、賛否別れるところかも。

リアルに梶をとりすぎる様だが、マティスの悲劇性とその惨い最後を看取るボンドのキャラクター造詣演出的に、必須だったと俺は思う。

マティスとボンドの奇妙な友情は、前作を観てないと理解出来ないし、なればこそ、この名場面を盛り上げる為、謎の組織への怒りと恐怖を感じさせる為には必要なプロセスではなかったかと思う。
スポンサーサイト