FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫目小僧

見えた見えたぞ怪しい影だ 聞いた聞いたぞ怪しい声だ がんばれぇがんばれぇ猫目くーん コンピだけれど『妖怪伝 猫目小僧』の主題歌がエンドロールで聞けた事だけは拾い物だったかもだ。ニャーゴ


猫目小僧

ある意味で、楳図作品の映画化としては間違っていない出来栄えと言える。。。。いたたまれなさという点において。



楳図作品という曖昧な表現を使うのは、原作『猫目小僧』の映画化はもとより楳図恐怖マンガの映画化として、微妙にベクトルがズレているからだ。むしろ、『まことちゃん』のテイストを感じてしまう。そして、そうしたズレをしての楳図テイストなわけであるため、楳図作品の映画化としては間違っていないのである。


例えば、あらゆる意味で普通のヒトである村の有力者の次男が長男がつぶやきシローであるというだけで、美形の好青年に見えてしまったり、意地悪な美少女の全力疾走(これは、『ロングラブレター漂流教室』の関谷のパロディのつもりなのかもしれない。フン。<猫目小僧調)とか、石田未来の絶叫シーンの手の演技とか。「これはもしかしてギャグなのか?」と思わせる演出は、実は楳図マンガを忠実に実写映像化するとこうならざるを得ないのだろうと思われる。


楳図マンガにおける、恐怖と苦痛以外は全く無表情なの登場人物たち、躍動感を感じさせない動きの描写、そして、主に悲鳴で使われるあの独特の書き文字、こうした楳図マンガのビジュアルな味わい(褒めているので為念)は、一般的な映像手法では個性がつぶれてしまう。オーバーアクト気味のギャグ側に踏み出してしまった演出こそが、あの味わいを伝えることができると思われる。本作で井口監督は、このズレの味わいを遺憾なく映像に塗り込められているのであった。


肉玉増殖の描写。。。罹患者が爛れた手を口の中に突っ込んで増殖していくというアレもまた、実にグロく、かつ、くどくどしく再三登場しインパクトのある演出であった。


だが楳図マンガは、奇抜なアイデアとグロテスクを確かな画力で表現する一方、ストーリー面においては人間の弱さ醜さを徹底して描いているからこそ、ギャグともとれるズレが味わいとなっているわけである。その点においては、観客の対象年齢を絞りきれなかったシナリオ、今日水準では決して出来が良いとは言えない肉玉の気ぐるみや「ないない」の造型は、片翼のない飛行機を飛ばすようなもの。一見アクロバット飛行のように見えても、危なっかしいどころか墜落必至なのである。


断片的には見るべきところは多々あり、ツボを抑えてはいるものの、一本の映画としては、破綻しているとまでは言わないが、ヘンな映画としか言いようのない仕上がりであったと思う。



下膨れで小太りでアクションが硬い猫目小僧については、CVのナルトのヒト(たぶん)の好演で原作のイメージ通りクールなクソガキに落ち着いていたので、不問に付す方向で(w。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

漂流教室『漂流教室』(ひょうりゅうきょうしつ)は、楳図かずおのSF漫画作品。週刊少年サンデー1972年23号~1974年27号まで連載。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licen

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。