FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

X360用ゲーム「BATMAN ARKAM ASYLUM」

凄く評価の高い、ダークナイトの世界観を再現した、スニーキングアクションゲーム(・∀・)

日本語版の情報がないまま(今度のTGSで発表になるのかな?)なので、リージョンフリーの北米版をゲットしたよ。

いやはや、噂に違わず凄いは!(`・ω・´)


グラフィックもモーションもリアルかつ、実に「ダークナイト」していて、新作の映画を観ているよう(・∀・)

かく在るべき「インタラクティブムービー」って印象ですな。

ゲームは、例によってバットマンにブッちめられたジョーカーが、「アーカム療養所」に叩き込まれる所から始まる。

拘束されながら軽口を絶やさないジョーカーとこれを連行するバットマンのやり取り。ここで既にバットマンを歩かせつつ、スタッフロールが流れるという、映画的作りでかつ、ゲーム性を有するオープニングなのね。

ゴッサム市長とゴードン署長立ち会いの元にジョーカーは収監されるが、アーカム療養所は既に、ジョーカーの愛人ハーレークイーンに制圧されていた。

ジョーカーはじめ、ペンギンやツーフェイスといった「狂人」を閉じ込めておくため、堅固な要塞の様相のアーカム療養所は、本当に基地外の砦となってしまった。

市長を拉致され、ゴードン署長とも分断されたバットマンは、状況の沈静化のため、孤軍奮闘するのであった。

ストーリーは至ってシンプルだが、作り込まれたグラフィックで、ファンにはお馴染みだか詳細が描かれた事が余り無い(少なくともティム・バートンからクリストファー・ノーランに至る映画では)「アーカム療養所」を舞台にしている所にそそられる。

ワイヤーやブーメランといったお馴染みのバットマンの装備類の操作感が実に心地良い。

格闘戦も、留めの一撃はカメラアングルが変わってスローでみせる、映画的盛り上げ方でカタルシス溢れまくり(・∀・)
ミッションで得た経験値を、装備やコンボ強化に割り振る、「デビルメイクライ」な仕様も、「ウェインテック謹製云々」と芸が細かい。

そして、"Detective Mode"という独自仕様がゲーム性の肝であり「バットマン気分」をムチャクチャ盛り上げる(`・ω・´)

これは「透過暗視スコープ」といった機能で、暗がりの物や、遮蔽物に隠れた人間を見る事が出来る。

壁の向こうの人数が分かったり、フラグ立てに必要なオブジェクトは色が変わって見える親切設計(・∀・)

だが、人間は骨格しか見えない為、敵か味方かまでは判別出来ない。

だから、見通しの良い位置に忍び寄って相手を確認してから、「隠密に行動を停止させる」段取りを組んで攻撃しなくてはいけない。

これが、「MGS」モドキのキャラゲーに終わらせない工夫なのよね。(・∀・)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: