FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

「魔術師MERLIN(マーリン) #7」

モルガーナ姫まで超能力者!∑( ̄口 ̄)

しっかりした世界設定が生み出す緊迫した展開と、シリーズ中盤を迎えてこなれたキャラクター造詣が楽しくも盛り上げてくれますよ(・∀・)


鹿狩りをしていたアーサーとマーリンは、山賊に襲われた父娘を助けた。

二人は、戦禍を逃れる旅の途中の貴族、キルモア家のオルフリックとソフィアは、ウーサー王の勧めで、しばらくキャメロットに逗留する事になる。

美しいソフィアにやや舞い上がり気味のアーサー。

だが、モルガーナ姫は、ソフィアに邪悪の影を見出す。

キルモアの父娘がキャメロットに現れる前夜に見た生々しい悪夢の中で、溺死するアーサーを冷たく見下ろす女がソフィアだったのだ。

モルガーナの忠告は具体性を欠く上、単なる嫉妬として、取り合って貰えない。

モルガーナはガイアスに相談するが、夢の話は口外厳禁と諭され、キルモア父娘の疑惑には取り合ってもらえなかった。

モルガーナが去った後、ガイアスは密かにオルフリックの居室を調べ、彼の杖に魔法の呪文が刻み込まれている事を知る。

ガイアスはマーリンにアーサーの身辺に気を配るよう厳命する。

アーサーとソフィアの逢瀬の後始末に疲れたマーリンは、この上モルガーナの悋気にまで振り回される事に異を唱える。
ガイアスはモルガーナ自身も知らない秘密を明かす。モルガーナが幼少の頃から宮殿医師として接していたガイアスは、彼女が予知能力者だと知っていた。だが、この事が明るみに出ればモルガーナは魔女として処刑されてしまう。

ガイアスとマーリンはモルガーナの「予知夢」を「只の夢」として、アーサーのを護らねばならない。

そして深夜、一人湖に向かったオルフリックを尾行したマーリンは、湖から妖精を呼び出し、アーサーを生贄として捧げる契約をする様を目撃する。

オルフリックとソフィアは冷酷な妖精シーだったのだが、オルフリックの「同朋殺し」の罰として人間にされていたのだ。

不死の国アヴァロンに娘をシーに戻して帰還させる為の贖罪が、「高貴な王子の命」を捧げる事だったのだ。

粗筋以上。


クライマックスに観るオルフリックとソフィア父娘の哀れさは、バックストーリーを感じさせて良いね(・∀・)

また、「高貴な王子の命」を代償に云々は、ウーサー王の短所であるスノビズムと掟に拘りすぎる頑迷さと完全に呼応している。

つまり、キャメロットの現状の相似形がシーとアヴァロンと捉えられ、アーサーやマーリンもシーの長老会やオルフリック父娘と同じ事をする可能性を暗示しているのであった(`・ω・´)

…って、既に次回がそんなお話みたい(^ω^;)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: