FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Doctor WHO ドクター・フー21Cシリーズ"THE NEXT DOCTOR"その1

二人のドクター
日本未放映の2008年クリスマススペシャル。

1851年、ヴィクトリア朝ロンドンを舞台に、「二人のドクター」がサイバーマンの侵略に立ち向かう!(`・ω・´)

1851年のロンドンに降り立ったドクター。小雪舞うクリスマス前の喧騒の市場の裏から、自分を呼ぶ女性の悲鳴を聞きつけたドクターは、早速助けに向かう。

そこでは、赤銅色のサイバーマンの顔をした大猿が女性を襲っていた。

この女性ロジータとドクターは互いに面識がない事が分かる。そこにドクターを名乗る男が現れる。


大猿は逃げ出し、改めて自己紹介をする三人。ドクターはこの男が「再生した未来の自分」(NEXT DOCTOR)だが、何らかの理由で記憶を失っていると理解する。
ドクターはパラドックスの発生を恐れ、自身をジョン・スミス((・∀・))と称し、NEXT DOCTORに協力する事にした。

NEXT DOCTORは連続失踪事件を調査中に、サイバーマンに襲われていたロジータと知り合い、共に闘う事になったのだった。

そして、サイバーマン事件の最初の犠牲者と思われる、ジャクソン・レイクという人物の所持品を見せられたドクターは、このジャクソンこそがNEXT DOCTORである事に気付く。

侵略拠点を偶然見つけたジャクソンと妻はサイバーマンに襲われ、ジャクソンだけが生き残り記憶を失った。そして、それと知らず持ち出したサイバーマンのメモリーユニットに記されたドクターの記録から、自身を「再生」したドクターだと思い込んでいたのだった。

最愛の妻を失った悲しみが蘇ると同時に、自分が単なる道化者であった事に気づいたジャクソンは深く傷つく。そして、最も辛い記憶が戻っただけで完全にジャクソン・レイクのアイデンティティを取り戻していない不安感もまた、ジャクソンを苦しめた。

だが全てはサイバーマンが悪いわけで、ジャクソンは被害者に過ぎない。例え混乱していたとはいえ、襲われたロジーナを救い手製のターディスまで作ってサイバーマンに立ち向かっていた事実は、ジャクソン個人が持つ勇気の表れなのだ。

ドクターとロジーナはジャクソンを励まし、サイバーマンのアジトを襲う作戦を練る。
二人のドクター

サイバーマンの侵攻には、内通する地球人の協力者がいた。男尊女卑のイギリス社会を革命する野望に燃える社交界の異端者ハーディガン嬢は、上流階級の篤志家をイヤーポッドを使って操り、孤児院や下層階級の子供たちを密かに狩り集めていた。子供たちを労奴として、サイバーマンの王「サイバーキング」の建造が着々と進められていた。

実はサイバーマン達はサイバーキングの脳を担う人物としてハーディガン嬢を選んでいたのだ。ドクター達がアジトを急襲した時、ハーディガン嬢は無理矢理サイバーキングにアップグレードされ、サイバーキングは起動してしまう。

サイバーキング・・・それは推定身長50m程度の鋼鉄の巨人だった。テムズ河の運河を突き破って、サイバーキングが立ち上がる。
スポンサーサイト



コメント

回答

まずは、TVN情報下さった方にお詫び申し上げます。

RESをすぐかえしたのですが、公開設定になっていませんでした。

こちらでもググってみたのですが、奈良の地方局が引っかかりましたが、ここですかね?

あとNがつく所って長崎か長野くらいかと。

いずれも過去の番組表までは追えなかったので、詳細は不明なままです。

以上、非公開でご質問されている方への回答と併せてコメントしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

情報有難う

以前にも同様のご指摘を頂き、ググってみたが全く引っかからなかった。

そりゃ人気も出ないは。

TVNってどこの局ですしょうか?

>「時の終わり」

amazonで予約は入れたんですがね……Sci-Fiチャンネルあたりで流せば良いのに(´・ω・`)

いや日本未放送ではない。
2008年の12/29にTVNで字幕で放送された。
ちなみに3日前にBBCで放送された“時の終わり(
前編)”が昨日放送された。
↑TVNがこんなに早くDr.フーを放送したのは初めて。
なお、再放送はしていない。(人気ないので)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: