FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ウソの歴史博物館

世界は粋な嘘に満ちているのに。。。。日本の民度の低さを痛感するなぁ。

著者のアレックス・バウザーは、歴史を学ぶ大学院生。研究の為に、インターネットの本来的な利用法を通じて考察と事例の収集の為のwebサイトを運営し、そのまとめとして本書を上梓している。

本書では、社会に大きく影響を与え、かつ、犯罪行為ではなく、ジョークとしても広く長く人々の記憶に留められる「ウソ」や「ペテン」を、著者が厳選して時系列的に分類したものだ。「歴史博物館」とは良く銘打ったもので、中世から今日に至る時系列的な「ペテン」の変遷を判りやすくまとめると同時に、社会の変化をコミュニケーションの変化という視点から俯瞰した、極めてユニークな歴史研究書としても読み解くことができる。




ウソの歴史博物館


学術研究書として始まっているところが、日本でよく出版されるwebサイトのまとめ本と大きく異なる点である。だが、そんなことで日本人の民度の低さを嘆いたりはしない。取り上げられる「歴史的ウソ」の事例が、日本のものが壊滅的に少ないのだ。

事例としては、イギリスのものが矢張りと言うか圧倒的に多い。ついでアメリカとなる。中世期のヨーロッパ諸国はしようがないとしても、おそらく八割以上の「シャレになるペテン」事例を欧米諸国で占められている。

シャレになるか否かは、すなわち、ユーモアに対する理解の深さの指標であり、知性や論理性、客観性などの思考力の指標ともいえる。ユーモアへの理解の深さは、精神的なキャパシティの大きさと同義語なのだ。

そうした事を考えると、日本からの事例は、件のゴッドハンド事件のみというのが、実に悲しい。中国ですら、三例お挙がっているのに。。。。この遺跡捏造事件は、本書でも取り上げられている、中世の聖遺物捏造や偽書のペテンと同じレベルである。つまり、日本人の精神性は中世人のそれと変わらないとも言えるだろう。

日本人だって、その素養が無いわけではない。近年では、ヤフーオークションにタイムマシンが出展された例なども挙げられるだろう。だが、本書で取り上げられるには至らなかった。一部ネットワーカーの間の祭りで終わってしまったのは、そうした害の無い不謹慎すら許されない社会が悪いとも言える。

だがもっと本質的な部分。。。つまり、日本の文化において「ペテン」は、犯罪行為あるいは、安易な利益を獲得する手段であって、騙す事を目的とする純粋性が無いからだ。

精神的余裕のない社会は、民度が低いという事になるのではないだろうか?

個人的には、TVの時代にツレっとして、パスタの収穫に勤しむ南スイスの村などという番組を製作して、エイプリルフールでもないのに国営放送でオンエアしてしまうイギリス人の国民性というのが非常に羨ましい。
根強い階級社会と官僚主義の弊害を抱えるおためごかし大国であるにも関わらず、だ。

日本は一生、連合軍に精神的勝利できないのだろうか?



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: