FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

黒祀の島

世界構築とその説得力には定評がある作者だが、現代を舞台に、離島の因習ドロドロのミステリをうまい按配に料理している。


 離島の漁村から脈々と続く地方共同体を、経済的・精神的に牛耳る網元の一族。その命ずるままの町民たちから得られる情報は、何一つ信憑性が無い状況下での、主人公の焦燥感にはひとしお感情移入をそくされる。なぜなら、主人公が得られる情報は当然、作者から読者へと与えられる情報と同じなわけで、全てがミスリードの可能性を孕んでいると思わせれば、これはミステリとして致命的にもなりかねない。


また悪いことに(良いことに?)アンチミステリや新本格といったアヴァンギャルドの存在も読者は知っているわけで、地の文以外の一言一句を「まさか?」という思いを持って読み進めていくことになる。 実はハードボイルドな文体も手伝って、ハードボイルドや暗黒小説を読むような消耗感を読者は味合わされるだろう。


だが、この文体そのものも一つのトリックになっている事が、クライマックスに至ってわかる。 それ故に、クライマックスの鮮烈さは衝撃的であった。実にシンプルな問題解決の糸口は、ガチンコの本格推理の思考法である。そして、その推理の映えを魅せるのは。。。。 この小説の本質を伝えることはネタばらしに直結する。良く出来ているが故に罪作りな、紹介の難しい、本格推理の、○○○ホラーの、そして○○小説の傑作である。







小野 不由美 / 祥伝社(2001/02)

Amazonランキング:15,649位
Amazonおすすめ度:

傑作だと思うのですが!
面白かった!
過程を楽しむ本





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: