FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ドクター・フー 空っぽの少年

ドクター・フー 第九話「空っぽの少年」

ゾンビ化する医師
時空に漂う危険物を追ってドクター達が出現したのは、1941年ロンドン。バトル・オブ・ブリテンの最中であった。時間軸の微妙なブレで目標物を見失ったドクターは、独自に探索を開始する。空襲下の街で迷子になっている男の子を見かけたローズは彼を助けようとして、対空飛行船のロープをつかみ宙吊りにされてしまう。ドイツ軍機に撃ち落されかけたローズを救ったのは、イギリス空軍将校にカモフラージュした時空航行者キャプテン・ジャックだった。
一方、ターディスに据えつけられている鳴るはずの無い電話が鳴り出す。「その電話を取るな」と警告を発する少女を無視して電話を取ったドクターが聞いたものは「ママ。。。。」と囁く男の子の声だった。
少女ナンシーは、空襲が始まると防空壕に退避している家庭に忍び込み食料を奪って、疎開先から逃げ出したてきた身寄りの無い子供たちを養っていた。彼らと遭遇したドクター達の下に、またあの声が聞こえる「ママ、おうちに入れてよ、爆弾が怖いんだ。。。」母を捜し求める幼い子供に、異常な恐れを抱いて逃げ出すナンシーたち。落下物に何か関係があるのか?ドクターはナンシーからの情報を元に病院を訪れる。そこには、顔にガスマスクが癒着し、全く同じ外傷を負って心臓まで止まっている患者の群れがいた。原因不明の症例は接触感染する。折悪しく病院に現れたローズとキャプテン・ジャックともども、突然覚醒したガスマスクゾンビの群れに取り囲まれてしまう。


あぁ、怖い。

危うしドクター様御一行
ガスマスク少年との遭遇シーンの電話の遣り取りは、有名な都市伝説「メリーさん」みたいである。こういうネタが使われるということは、イギリスにもこうした都市伝説が存在すると言うことだろうか。興味深いところである。

(例によってネタバレはフォント色変えて)

既に輸入DVDで観てしまっているのだが、やはり吹き替えの方がディテールがはっきりして宜しい。ガスマスク少年=ジェイミーはナンシーの息子であるとか、キャプテン・ジャックが不法投棄した医療廃棄物がすべての発端で、ガスマスクゾンビは治療用ナノマシンの暴走の産物であるという後編で明らかにされる真相は、今回でヒントが全て提示されているのだね。ミステリとまでは言えないが、よく練られた脚本である。日本語の訳も中々宜しい。「ヤミで買ったんだぜ!」という子供Aの台詞なんかは、かなり上手い事処理していると言えよう。

なのにだ、どうしてサブタイトルのセンスが致命的に無いのか?原題"THE EMPTY CHILD"の直訳にしても、「虚ろな少年」という訳し方もあるだろうに。んで次週は「ドクターは踊る」(原題:"THE DOCTOR DANCES")だそうで。あーあ。
NHKのホームページでこのサブタイトルを観て、直感的に観ようかという気が起きるだろうか?今回のエピソードに限らず、「マネキン・ウォーズ」(原題:"ROSE")とか「ダーレク 孤独な魂」(原題:"DALEK")とか、直訳不能な原題であるにしても、もうちょっと見る気にさせる邦題ってものがあるだろうに。


今回と来週のエピソードのサブタイトル、ストーリーの内容を伝えつつ興味をそそられそうな邦題を考えてみた。「ママはどこ?」「ママはここに」なんてのはどうだろうか?

Doctor Who
Complete First Series
(US版 英語字幕有り)
BOX1~13話+特典
Doctor Who
Complete First Season V.3
(US版 英語字幕有り)
7~10話収録


ドクター・フー
オフィシャルガイド
モンスター




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: