FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

サンキュー・スモーキング

「サンキュー・スモーキング」

@日比谷シャンテ・シネ

いやぁ、愉快痛快。趣味の良い、でもシャープな、ヒューマンコメディに逃げないユーモア溢れる映画というのはすごい久し振り。。。というか、この種粋な映画がハリウッドで作られるとはねぇ。嬉しい不意打ちだった。

オープニングのタイトルロールは、煙草のパッケージに描かれたロゴマークのアップが次々映し出される。そのロゴの部分をキャスティングに書き換えてあるのだ。一目瞭然なアメリカ産煙草パッケージのパロディ博覧会の趣きで、スマートな演出だ。そしてBGMには喫煙者を揶揄するカントリーソングが被せられる。もうこれでつかみはOKだ。

主人公ニック・ネイラー(アーロン・エッカート)はタバコ研究アカデミーと称するアメリカ煙草産業振興を目的とする団体の広報部長で、ニコチンのカーネル・サンダースの異名を持つロビイストだ。広報担当者として極めて優秀な彼は、卓抜したディベート術を駆使し、日夜メディアを通じて、タバコ廃絶を訴える市民や議会をケムに巻いて高級を稼いでいる。一人息子への二次喫煙の害を案じた妻とは離婚。養育権も妻に握られているものの、明晰な頭脳と能弁を以って、息子からの尊敬をも勝ち取っている。
パブリックエネミーと化したニックは、急進的なタバコ廃絶運動家に拉致され全身にニコチンパッチを張られて暗殺されかかるが、日々の喫煙でニコチン耐性が出来ていたために九死に一生を得る。だが、二度と喫煙できない身体になってしまう。更に、手玉にとったつもりの美人記者とヤっちゃったのが大間違い。公私共に極秘の裏事情をすっぱ抜かれ、勤め先から切り捨てられる。
職も収入も喫煙の自由も奪われたどん底のニックだったが、息子の励ましを受けて起死回生の作戦に乗り出す。すべての煙草パッケージにドクロマーク表示を義務付ける法案を画策するフィニスター上院議員の聴聞会に単身乗り込んだニックの八百代言は。。。。

というストーリーに、様々なブラックユーモアが散りばめられる。単なる異業種交流会であっても、パブリックエネミー縛りでアルコールと銃器振興を目的とするロビイストとの交流だから笑える。"Marchant Of Death"の頭文字をとって"MOD's"ってネーミングはイカシ過ぎ。

ニックの上司はBRというあだ名で呼ばれているが、その由来は、ベトナム戦争に従軍中、所属していた小隊でただ一人の生き残りだった事による。。。つまり"Battle Royal"ということだ。

んで、ニックがBRに進言するタバコ消費巻き返しキャンペーンが秀逸。ハリウッド映画で、セレブのカッコ良い喫煙シーンを挿入させるインプレッション広告を打とうというものだ。これは笑った。現実のハリウッドではその全く逆で、喫煙シーン狩りが行われているからだ。

主人公がロビイストと言うこともあり、セリフは非常に明瞭で解り易い。そして、スラングの類も少ない。俺程度でも相当ヒアリングできる(ボキャブラリが貧困なので、理解までは出来ないが)できる。反タバコ勢力とのバトルはメディアを介して行われるため、市民のヤジなどもほぼ無い。非常に上品なセリフ運びで物語が進むので、ブラックユーモアでありながらもソフトな雰囲気が醸し出される。この辺が「粋」の源泉であるように思う。

そして見る人間の立場によって、面白さのレイヤーが別れる多層構造になっているところも評価したい。市民運動で槍玉に挙げられる産業の勝利という浅いところから、オーソドックスな父子の交流にオチてしまう皮肉。これらがヒステリックな嫌煙運動。。。は最早通り越して喫煙排斥になっているな。。。を中心にして逆説的な笑いを描いているが、一番深いところでのメッセージは、多様性の排斥の危険性と、近代社会では必要悪とも言える情報操作に対して、個々人は自らの責任において、思考し選択しなくてはいけないということであろう。

主人公ニックのラストのセリフ「マイケル・ジョーダンはバスケをやり、チャールズ・マンソンは殺す。そして僕は喋る。人にはそれぞれ才能があるのだ」というセリフが秀逸。これをちょっと書き換えてみよう。「アルフレット・シュワルツマンは体操。ペーター・キュルテンは殺人。そして僕は喋る。人にはそれぞれ才能があるのだ」としたら、なんだかヨーゼフ・ゲッベルスのセリフの様ではないか!子供から敬愛される父にして卓越した広報マンである二人の姿は用意に重ね合わせることが出来る。先述のテーマ性においても「ヒトラー~最期の12日間~」と密接に通じていると思う。
何より、ニックに浴びせられるあらゆる悪罵の中に、ナチスの宣伝相の名が無い事の不自然さが、その事を能弁に語っているように思えるのだ。。。。。だとしたら「沈黙は金、能弁は銀」という一捻りした教訓も読み取れるわけだな(w。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: