FC2ブログ

Lc.タグクラウド

プロフィール

Gamby13

Author:Gamby13
Gumby13名義で、気が向いたらamazonのDVDレビューもしています。amazonご利用の際は、是非、当店経由で。

最近の記事

amazonで探す

商品レビューも参照できる!

世間の意見と比べてみよう!

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Dr.Who ドクター・フー 悲しきスリジーン

Dr.Who ドクター・フー 第11話「悲しきスリジーン」
スリジーン再び

ドクター一行は、再び21世紀のイギリスに戻ってきた。サウスウェールズの都市カーディフにある時空の裂け目の座標にターディスをセットし、エネルギー補給を行うのだ。
ミッキーもローズに呼び出され四人で食事に出かけたところで、ドクターはとんでもない新聞記事を発見する。首相代行のマーガレット上院議員がカーディフ市長に就任し、市のド真ん中に原子力発電所を建造する議案を通過させたというのだ。マーガレット市長それは、ラキシコリコファラパトリアス星人の宇宙マフィア、スリジーンファミリーの一人が地球人に化けている姿なのだ。半年前に殲滅したはずのスリジーンの生き残りを捕獲すべく、四人は市庁舎に向かう。
一方マーガレットに化けたスリジーンは、原子炉の設計が暴走確実な事を嗅ぎ付けた地方新聞記者キャシーを殺そうと企むが、彼女が妊娠していることを知って、凶刃を収めてしまう。

今回のエピソード、テーマは明快だが重い。死刑制度だ。環境が犯罪者を作る。なれば、犯罪者といえ、その罪を命を持って購う必要はあるのか?後悔と改心は、罪を相殺しうるのか?という問いかけを、スリジーンの生き残りブロンとドクターのダイアローグを通じて見るものに投げかける。イギリスでは、死刑は全面的に廃止されている。が、あえてこういうテーマを選んだ意味は、いろいろと考えさせられる。内外からのテロに晒されている国家においてのこの問いかけは、日本のように死刑制度が存置している国で発せられるよりも、重いものを感じさせる。
つまり、すでに定められた法制度に対し、見直す機会を一般市民レベルにおいて与えられるということ。それでどうなるかは解らないが、人権に関わる重要な問題について常に意識することを心がける事こそが重要なのだ。
今回のエピソードが持つメッセージは、我々日本人には決定的に欠けている視点である。SFドラマという虚構のフィルターを通してこそ明確になる問題提起は確実に有り、本作はその好例と言えるだろう。衛星放送という限定したメディアでの放映は、残念な事に思える。


ドクターとブロン

ドラマ的には、第3話とリンクしていたり、"Bad Wolf"のキーワードがこれまた第3話以来始めて明示されたり、ローズとミッキーはいよいよ破局を迎えたりと、クリストファー・エクルストン編最終回前のラストスパートに入っている。
その事は、今回の名場面であるスリジーンのブロンとドクターの対話シーンにおいて、タイムロードの本質についてブロンが鋭く抉っているセリフからも伺える。「ドクターの行く先には常に破壊が付きまとう。あなたが前向きなのは、後ろを振り返りたくないからよ」は、クラシック・シリーズも含めて"Dr.Who"に対する痛烈なアンチテーゼである。日本の特撮番組が久しく忘れていた、強烈なアンチテーゼを打ち出すことでヒーローを多面的に捕らえさせ、番組のテーマをより明確にするというテクニックを、スマートかつスリリングに行使しているのだ。
一方、ブロンの嘆願を撥ね付けるドクターの舌鋒も鋭い。ドクターの読みは間違っておらず、結局、悪はどこまで行っても悪という結論で迎えるクライマックスは、先述のテーマ性を考えると、ある種ホっとするものがあった。
そこで、ドクターもブロンも全く予想しない形で八方丸く収まるどんでん返しは、脚本の手並みが鮮やかであった。さらに「うらやましいな」というローズのセリフは、父との悲しい別れとミッキーとの決別というやり直し不能の喪失感のダブルミーニングなのである。非常な現実を象徴するこのセリフは、今回のテーマを真剣に考えて欲しいという作り手の願いが込められた、現実を直視せよというアテンションなのだ。

最後に、ゲスト声優。マーガレット市長=スリジーンのブロンは講談師の一流斎貞友さん。「ちびまるこちゃん」のお母さんとか「忍たま乱太郎」の新兵衛の方。すごいフケ声出せるんだなぁ。あと、個人的に凄く嬉しかったキャスティングは、ブロン=マーガレットを改悛せしめた地方紙記者のキャシーに、岡本茉莉さんが!旅芝居の一座にいるということで、もうTVであの声を聞くことは無いんだろうなぁと思っていたからこれは驚いた。耳に心地よい、柔らかな高音は健在であったよ。アタリ役は「サスペリア」のジェシカ・ハーパーの吹き替えだったが、今のジェシカ・ハーパーがそもそも相当な老け込み方をしており、それを考えると、本気で感動してしまった。


Doctor Who
Complete First Series
(US版 英語字幕有り)
BOX1~13話+特典
Doctor Who
Complete First Season V.4
(US版 英語字幕有り)
11~13話収録


ドクター・フー
オフィシャルガイド
モンスター






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

Dorctor Who #11 "Boom Town" (悲しきスリジーン)

 NHK-BS2で毎週火曜日の夜に放送中のDoctor Who(ドクター・フー)、 今回から可能な範囲で毎回分の記事を書いてゆこうと思います。ただし実際に掲載するのは週末にずれ込むとは思いますが。とりあえず、BBCのDoctor Whoサイトをリンクしておきます。 さて前回のロンドン大